読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノンカフェインであなたにやさしい

Rails,HTML,JavaScript,jQuery,PHP,CakePHPなど

Rubyで改行、空白を削除する

文字数を取得する時などに改行や空白文字を削除したい

text = "春はあげぽよ
 
てか、どんどん白くなる山の端らへんが異常に明るくなって、紫の雲が細く風に流されてるの見て、マジパねぇ、ウケる。

夏は神テン

満月がデラヤバなんてあえてウチの口から言うまでもないけど、新月の時だってホタルがダマになって飛んでるのとか見たら超キレイだからマジで。今度スパダチと見にいけって、マジで。でも、ソロとかペアで飛んでるのだって、それはそれで弱々しい光でなんつーかぼっち臭がするし、ウチは好き。わんちゃん雨とか降ったらマジアガる。"

text.length # => 227

text.gsub(/\r\n|\r|\n|\s|\t/, "").length # => 220

.gsub(/\r\n|\r|\n|\s|\t/, "")

改行、空白、タブを置換してます。

content_tagで閉じがないhtmlタグ<br/>や<img/>を出力する?

<br /> を出力したくて

content_tag(:br)

とやったら

<br></br>

と出力されてしまった…

content_tagじゃなくてtagを使うとのこと
なるほどcontentがあるかないかの単純な話だったらしい
tag知らなかった…

結果

無事brタグが出力されました

tag(:br)

<br />

Tagging a string as html safe may be a security risk

RuboCop(0.48.1) で Tagging a string as html safe may be a security risk と怒られた

htmlタグを直書きせずにcontent_tagを使えということらしい↓

# bad
"<p>#{text}</p>".html_safe

# good
content_tag(:p, text)

# bad
out = ""
out << content_tag(:li, "one")
out << content_tag(:li, "two")
out.html_safe

# good
out = []
out << content_tag(:li, "one")
out << content_tag(:li, "two")
safe_join(out)

引用元
Class: RuboCop::Cop::Rails::OutputSafety — Documentation for rubocop (0.41.2)

RailsでHSTS includeSubDomainsを外す方法

Rails5からforce_sslを設定しているHSTSでサブドメインまで対象にされてしまうようで設定から外したい

config/initializers/new_framework_defaults.rb に以下を追加でサブドメインを外すことができます

Rails.application.config.ssl_options = { hsts: { subdomains: false } }

参考

ssl - How can I turn off includeSubDomains for HSTS in rails? - Stack Overflow

Chromeでhttpからhttpsに勝手にリダイレクトされる問題の解消[SSL]

なぜかChromeだけhttpからhttpsにリダイレクトされるサイトがあり原因を探していたらこちらの記事を発見

beniyama.hatenablog.jp

ChromeSSLサイトのドメインを覚えて勝手にリダイレクトしてくれているらしい
HTTP Strict Transport Security(HSTS)め…
設定次第ではサブドメインまで勝手にSSLにされるという余計なお世話感

HSTSをリセットする方法

以下のURLにアクセス
chrome://net-internals/#hsts

Delete domainで対象ドメインを削除

参考
https://i-think-it.net/chrome-http-https-force-redirect-approache/